管理人です。

千葉に、訳ありの格安事故物件があります。

高級住宅街にある、大豪邸です。

千葉の殺人事件が起きた物件

物件のページには、建物の写真が複数公開されています。

レンガ風のタイル壁に覆われた3階建て。玄関の上には大きなバルコニーがあって、洋風でかなりゴージャスな感じになっています。

敷地面積は527.15㎡で約160坪。建物は308.1㎡で約90坪です。

築23年となっているので、内装は古くなっています。

場所は、千葉県千葉市緑区あすみが丘6丁目となっています。

あすみが丘は、比較的新しい閑静な住宅街となっています。

ワンハンドレッドヒルズやチバリーヒルズと呼ばれていて、セレブの住む住宅街です。

物件価格は、5億~15億と高額でしたが、芸能人や企業などが購入していたようです。

殺人事件の詳細

事件は、平成26年1月28日夜に起きました。

住人である佐田泰三さん(55歳)が、胸などを刺され死亡。死因は心臓の損傷。複数の刺し傷があり、その一カ所が心臓にまで達したそうです。

現場周辺で凶器が見つからないことなどから、殺人事件と警察が断定しました。

佐田さんが倒れていたのは玄関先の廊下で、発見者は帰宅した妻でした。

午後8時半から妻が帰宅した午後11時までの間の犯行で、貴重品は盗られていなかった。

争った形跡もなく、近くの住民も不審な物音などは聞いていないとの事です。

犯人はまだ捕まっておらず、未解決事件となっています。

千葉市が756万円でヤフオク出品

 

千葉市が、4月1日に事件の起きた物件をオークションに出品しました。

308.1平米もある豪邸なので、通常なら4000万円~5000万円ほどしますが、事故物件なので756万円。

破格の値段です。

殺人事件があった物件ですので、この物件を紹介する文章が世間で話題になりました。

【この物件は、平成26年1月に建物内で殺人事件が発生した物件です。事件後、人の出入りはあまりなかったようで、維持管理の状態は良くありません。】

こんな紹介文を見て、いわくつき物件を買おうという人は、はたして現れるのでしょうか・・・

1111万円で落札される

この事故物件は殺人事件が起きた豪邸で、今もまだ未解決の事件ということで注目されていましたが、5月17日に落札されました。

落札した方は、名前は明かしていませんが、千葉県に住む50代の男性で不動産業を営んでいるようです。

自分にとっては資産価値しか問題ではない。破格の値段なので購入した。と答えています。

今後は、シェアハウスや東京五輪の宿泊施設にしようと考えているそうです。

 

事故物件であっても、自分が住むわけではありませんし、宿泊施設として利用者がいるなら活用できます。

場所も公になっているので、話題にはなります。

不動産の仕事をしている方には、もってこいの物件かもしれません。